難しそうに感じられるウォシュレットの取り付け方法は実は思いの外カンタン、業者に依頼しなくても、自分で設置できます。
しかし、トイレの種類によっては電気や水道の工事が必要な場合があり、止水栓とタンクの距離が狭いタイプのトイレは、別に接続用の分岐金具が必要になるのです。
そのため工事を始める前に別途工事が必要になるか、部品のチェックもしておきましょう。
和式から洋式便器への交換は水道工事が必要になるため、さすがに自力では無理ですが、設置するだけの工事は、それほど難しいことはないのです。

ウォシュレットの取り付け方法ガイド

ウォシュレットの取り付け方法ガイド ウォシュレットの取り付けは、業者に依頼せず自分ですれば工事費用はかかりません。
しかし、せっかく自分で設置しても失敗して水漏れが発生し、業者に依頼することになっては費用がかさみ残念な結果になってしまいます。
とりかかる前に自分でできるのか見極めておくことも大切です。
取り付け方法は取り扱い説明書をよく確認して、その手順通りにするのみです。
使用する工具は付属品のボックスレンチとモンキーレンチ、そしてマイナスドライバーの3点です。
基本的な方法は、便座を外す、ウォシュレットを取り付ける、そしてタンクへの水道管を取り換えるの3つです。
便座を外すときにはのポイントは、止水栓をしっかり閉めること。
ネジやナットは丁寧にしっかり締めて、一つひとつの手順を焦らずに確実にすることがポイントです。

ウォシュレットを買い替える場合におすすめの取り付け方法

ウォシュレットを買い替える場合におすすめの取り付け方法 ウォシュレットの故障で修理ができない状態になったり、修理よりも新調する方が安いと考えられる場合、新しい型番に取り替えたいといった場合は、本体を買い替えることになります。
費用を抑えたい場合はウォシュレット本体をホームセンターや家電量販店で買って来て、自分で取り付ける人もいます。
手順としては、まず電源や便器を確認したり工具を準備します。
今までのものを取り外す作業も必要になります。
取り付ける方法は専門的な技術が必要で、分岐金具や本体着脱プレート、ウォシュレット本体の順に取り付けていきます。
その後電源を接続してから試運転という流れになります。
しかしながら、費用を抑えたいがために自分で一から行うのは非常に難しいです。
ウォシュレットは家電なので、豊富な知識と技術のない人が簡単に設置できるものではありません。
また、失敗して感電することを考えると危険なのでおすすめできません。
ウォシュレットを買い替える時におすすめの方法は、迷わずメーカーに相談することです。
メーカーであれば新商品の案内もありますし、欲しい機能の付いた商品を紹介してもらえます。
これから長く使用していくものなので、信頼できるメーカーがおすすめする商品を、確かな技術を持って設置してもらうというのが一番安心できる方法です。

新着情報

◎2018/7/31

サイト公開しました

「ウォシュレット」
に関連するツイート
Twitter

【悲報】ウォシュレット壊れる

Twitter ojiisama0725 2年4組担任ウンコマスター先生

返信 リツイート 10秒前

返信先:@LowFatP ウォシュレット愛好家なんだからウォシュレットずっと使っときな!!

9日ぶりの社のウォシュレット大変優しく感じる

最近のウォシュレットって自動洗浄機能が付いてて、トイレ大を流した後にノズルが勝手に出てきて洗浄するんだけど、慣れてないと顔面に水をかけられるのではないかと思ってすっごい冷や冷やする()

ウォシュレットの反抗期や 全然ノズルが出てくれん💢

2時間以上かけて猛然とトイレの掃除をしていました。ウォシュレットも可能な限り分解して徹底的に掃除。あと、2階の洗面所と小部屋を掃除。さすがに汗、またまた髪の毛がくるんくるんにカール。

RT ウォシュレットにお尻日光浴機能搭載すればいんじゃね?

Twitter kapo_mokutei かぽ@もくてー

返信 リツイート 6分前

ケツがデリケートな時に新社屋ビル特有の強さMAXウォシュレットやめちくり

Twitter napracotte ナプラコッテ1.1

返信 リツイート 8分前

アントレ、ウォシュレット付きトイレあるから無限に信頼できる

Twitter Sato_Holic ホリック佐藤

返信 リツイート 9分前

ウォシュレットを使わない場合の肛門の拭き方が知りたいです!

Twitter LowFatP LowFat【FantasticYouth】

返信 リツイート 13分前