ウォシュレットのセルフ取り付けはNG

ウォシュレットのセルフ取り付けはNG ウォシュレットの取り付けや交換あるいは修理という場合は、やはり専門家にお願いするのが賢明な方法ということが言えます。もちろんある程度の経験があり、知識も大丈夫だという人はセルフで実施しても問題はないと言えますが、多くの場合はウォシュレットの最近の仕組みや仕様は複雑なので、一旦は何とかできたとしても、いじくったことが原因で悪い影響が残り、かえって費用が嵩んでしまうことになりかねないこともあり、だからNGということになります。
昔の便器はとてもシンプルなものでしたし、改良改善されものもそれほど複雑なものはありませんでした。だから素人が手を出しても問題がなかったのです。
現代はIt時代と言われるように、マイコンなどの電子部品が多く使われ、自動制御などの技術も発達してきています。したがって技術の高度化とか便利性が格段に進歩した反面、直し方などに関しては新しい手を加えることが難しくなってきているのです。それを無理矢理何とかしようとすれば、本体までダメにしてしまう危険性があるので、専門家にお願いするのが一番と言えるのです。

セルフクリーニング付きウォシュレットの価格

セルフクリーニング付きウォシュレットの価格 今や各家庭にウォシュレット付きのトイレがあることは当たり前になっています。性能も各メーカーによって異なりますが、ウォシュレットではないトイレだと落ち着かない人も多いのではないでしょうか。
各社から様々な種類が発売されていますが、高いものからお手軽なものまで多種多様です。取り付ける方法としては新築やリフォームをする際に工務店を通じて設置したり、家電量販店に赴いて自分で購入しても行えます。費用面ではウォシュレットの価格は同じでも、専門業者に工事を任せるか、セルフサービスで設置するかでかなり金額が変わります。
ウォシュレットによって装備されている機能は違いますが、ほとんどの機種に共通して標準装備されているものがあります。脱臭装置やセルフクリーニング機能、暖房便座などの他、抗菌仕様になっている点も挙げられます。これらに付随して、便座のふたが自動で開閉したり、使用後に自動で水が流れるなどの機能が加わると高価になっていきます。多少価格が高くても自動でクリーニングしてくれるタイプを選んだ方が、結果的に清掃の手間も省けて、清潔に使い続けられる最適の方法でしょう。

新着情報

◎2018/11/16

ウォシュレットのセルフ取り付けはNG
の情報を更新しました。

◎2018/8/27

自力でウォシュレットを取付る方法
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「ウォシュレット 取り付け」
に関連するツイート
Twitter